すっかり葉を落とし枯木のようになった株を見ていると、去年の冬もその前の年の冬も越してきたことなどすっかり忘れて、「果たして水耕プランターで冬を越すことなんて出来るんだろうか?」と、つい不安になってしまいます。実際、秋に実をつけた枝が枯れて代替わりしていくラズベリーでは「本当の」枯れ枝も多いので、「もしかして株全体が枯れているのでは?」とついつい不安になってしまうのです。でも、じっと眼を凝らして眺めていると、春に向けて少しずつ株が動き出しているのが分かります。いつの間にか緑色の芽が育ってきています。この寒さの中、ゆっくりと、でも着実に春に向けて力を蓄えている姿を見て、こちらもちょっぴり元気を貰った気がします。