商品では貯水タンクをオプションとしています。なぜかと言うと、「貯水タンクにピッタリ」とも思えるポリタンクが、実は今一つの使い勝手だからです。むしろ、見栄えはあまり良くありませんが、ホームセンターでゴミバケツとして売っている40リットル

程度のポリ容器の方がずっと便利に使えています。一番の理由は、ポリタンクをそのまま貯水タンクに使うと、タンク内に藻が茂って始末に困るからです。見栄えも悪いし、そのうちポンプが目詰まりしないかと心配になります。結局、写真(上)のように色付きポリ袋等で覆って使うことになり、見栄えも作業性もイマイチです。その点、ゴミバケツならそこそこ遮光してくれるので、藻が大発生するようなことはありません。

もう一つは、何と言っても安価に大容量のものが入手出来る点です。20リットルを超える容量のポリタンクはあまり見かけませんし安くもありませんので、ポリタンクの場合は20リットルのものを使用していますが、本音を言えばもうちょっと容量が大きい方が安心出来ます(特にプランター3台の場合)。写真(下)は40リットルポリバケツの使用例です。今ではこのポリバケツでプランター5台に給水しています。でも、いくら何でもゴミバケツを貯水タンクの標準仕様にする訳にもいかず、(使用前の)見栄えを取るか、見栄えを捨てて使い勝手を取るかはお客様にお任せすることにした次第です。

※クリックで写真が拡大します。