開店休業状態の冬が終わり、防寒用のミニハウスも囲いを解き始めています。昨年末に、冬の間の「ささやかな楽しみ」として紹介した面々ですが‥‥

①越冬後のアテモヤの幼果

①越冬後のアテモヤの幼果

一番手はアテモヤです(写真①)。周囲の葉がすっかり落ちてしまっても、幼果だけは健気に頑張っています。でも、年末からあまり大きくなっていないようです。大丈夫かな~と心配していた矢先に、付け根からポロリと落ちてしましました(写真②、③)。新芽の成長に備える生理現象?もしかすると昨日(3/16)から急に冷え込み、冷たい風も吹いたので、それが原因かもしれません。囲いを解くのが早すぎたかな~ どこまで育っていたのか気になり、実を切ってみました。数こそ少ないものの、既に茶色の種子が出来ています(写真④)。どうやらミニチュアサイズのまま成熟しつつあったようです。このまま捨てるのも悔しいので、切り口を貼り合わせて暫く様子を見ることにします。

②越冬後のアテモヤの幼果

②越冬後のアテモヤの幼果

③アテモヤの幼果が落ちた跡

③アテモヤの幼果が落ちた跡


④アテモヤ幼果の断面

④アテモヤ幼果の断面

⑤切り口を貼り合わせました

⑤切り口を貼り合わせました